nastac.net

フルマラソンサブ3とODトライアスロンラン(10km)40分の両立を目指すトレーニング方法、遠征旅費削減のためのマイル獲得方法の研究 最近はストイック志向→腎臓を労わる健康志向にシフト。COVID-19下で大会出場もなくなり、練習の運動強度も落ちたため、有り余るエネルギーを市川市政への嘆きとしてぶつける。

記事リンク&勝手な短評集 -スポーツ-

(最終更新日: 2022/5/14)

独断で選ぶ記事リンクと短評のアーカイブです。

 

野球関連記事はこちら

相撲関連記事はこちら

アスリート講演はこちら

 

『コーチングは向いてない。水泳の監督になるとういうことにはまったく興味がない』

→こういう引退後のキャリアもよいのではないでしょうか。

 

→こういうリザーブ話、好き。

 

→そう。男のスパンコール付きは私も好みではない。

→どうすればこんな境地に?

 

→強烈なインパクトを与えたスケーター、ボナリー氏。意地のバックフリップ(後方宙返りしかも片足着氷)もそうだが、開始早々いきなりの2Aにもビビる。

 

→品がないとか言う人もいるが、明るくて好き。

→田中選手、走ってる時と雰囲気違うけど、こういうのもいいね。

→東京五輪最大のインパクトだった。容姿も古風な感じでかっこいい!

 

→この人も長らく第一線でご活躍。

 

→凄すぎて…。

 

「自分が学生の時も、オンとオフをしっかり切り替えて、遊び心じゃないけど『なんだか楽しそうだな』と思わせたら勝ちだなって思いながらやってたかな。ふざけて憎まれて、でも強いってかっこいいじゃん。その方が社会に出て行きやすいだろうなって思うんですよね」

→大学の頃から金髪サングラスの出立ちでアンチも居たはずの徳本氏。そうそう、なんだか楽しそうだな、と思わせること。今後も応援したい。

→「じゃあ1億円ください!」には笑った。

 

→4年間で1度も出られない選手も居るしなぁ。

 

→1区5km台で飛び出す勇気には恐れ入った!